単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





兼好法師、あんたはエライ!(最終回) 

Yoshida_Kenko_01.gifさあ、今回で最終回の、「徒然草 第188段」
今まで「読むのウゼェー」と拒否してきた人も、ぜひ、第1回から読んで欲しい。
なぜなら、①入試頻出度が抜群に高い!こともあるけど、
②何より、「古文もやるじゃん!」って思えるようになるから。

第0回 第1回 第2回 第3回 第4回
【第3段落(原文)】
一事を必ず成さんと思はば、他の事の破るるをも傷(いた)むべからず、人の嘲(あざけ)りをも恥づべからず。万事に換へずしては、一の大事成るべからず。人の数多ありける中にて、或者、「ますほの薄(すすき)、まそほの薄など言ふ事あり。渡辺の聖(ひじり)、この事を伝へ知りたり」と語りけるを、登蓮(とうれん)法師、その座に侍りけるが、聞きて、雨の降りけるに、「蓑(みの)・笠(かさ)やある。貸し給へ。かの薄の事習ひに、渡辺の聖のがり尋ね罷らん」と言ひけるを、「余りに物騒がし。雨止みてこそ」と人の言ひければ、「無下の事をも仰せらるるものかな。人の命は雨の晴れ間をも待つものかは。我も死に、聖も失せなば、尋ね聞きてんや」とて、走り出でて行きつつ、習ひ侍りにけりと申し伝へたるこそ、ゆゆしく、有難う覚ゆれ。「敏(と)き時は、即ち功あり」とぞ、論語と云ふ文にも侍るなる。この薄をいぶかしく思ひけるやうに、一大事の因縁をぞ思ふべかりける。

第1文・第2文
一事を必ず成さんと思はば、他の事の破るるをも傷(いた)むべからず、人の嘲りをも恥づべからず。
万事に換へずしては、一の大事成るべからず。


(現代語訳)
一つの事を必ず成そうと思うならば、他の事が失敗しても落ち込むのではなく、他人の嘲りを受けても恥じてはいけない。
全ての事柄と引き換えにしなければ、一番の大事が成るはずなどない。


この最終回のポイントは、この第1文・第2文の部分です。
兼好法師は、こう言っています。

あなたにとって大切なことを、本気で実現しようとするのなら、
それ以外のすべてを投げ捨てる覚悟が必要だし、他人の評価などを気にしてはならない!
あれもしたい、これもしたい、
あれもしなければならない、これもしなければならない、
というのでは、何も実現できないゾ!


ぜひ、この意味を噛み締めて、これからの毎日を過ごして欲しいと思います。
※この後は、読み流してくれてもいいです。


第3文
人の数多ありける中にて、
或者、「ますほの薄(すすき)、まそほの薄など言ふ事あり。渡辺の聖(ひじり)、この事を伝へ知りたり」と語りけるを、
登蓮(とうれん)法師、その座に侍りけるが、聞きて、雨の降りけるに、「蓑(みの)・笠(かさ)やある。貸し給へ。かの薄の事習ひに、渡辺の聖のがり尋ね罷らん」と言ひけるを、
「余りに物騒がし。雨止みてこそ」と人の言ひければ、
「無下の事をも仰せらるるものかな。人の命は雨の晴れ間をも待つものかは。我も死に、聖も失せなば、尋ね聞きてんや」
とて、走り出でて行きつつ、習ひ侍りにけりと申し伝へたるこそ、ゆゆしく、有難う覚ゆれ。

(現代語訳)
大勢の人がいる中で、ある人がこう言った。『ますほのススキ、まそほのススキなどと言うことがある。渡辺の聖は、このススキについて何か知っているということだ』と。
その場にいた登蓮法師がそれを聞いて、雨が降っていたのにも関わらず、『笠と蓑はありますか。あれば貸して下さい。そのススキの事を習いに、今から渡辺の聖のところへ行って参ります』と言った。
『あまりにせっかちですね。雨がやんでからでいいでしょう』と周りの人が言ったのだが、
『とんでもないことを言わないで下さい。人の命が雨の晴れ間をも待つものでしょうか。私が死んで、聖も死ねば、誰が尋ねて誰が教えることができるんですか。』と登蓮法師は言い返した。
登蓮法師は雨の中を駆け出して、渡辺の聖にススキの事を習いに行ってしまったと伝えられているが、立派な即断であり、なかなか出来ないことでもある。

第4文・第5文
「敏き時は、即ち功あり」とぞ、論語と云ふ文にも侍るなる。
この薄をいぶかしく思ひけるやうに、一大事の因縁をぞ思ふべかりける。


(現代語訳)
『敏(と)き時は、即ち功あり(すぐに行えば、すぐに良い結果が得られる)』と、論語という書にも書かれている。
ススキを不審に思ってすぐに知ろうとした登蓮法師のように、乗馬・早歌の道に逸れた初めの法師も、一大事の因縁(諸仏が出現する機縁と仏道の精進)こそを思うべきであった。


最終回まで、時間がかかったこと、本当に申し訳ありません。
ぜひ、兼好法師の言葉を噛み締めて、あなたの夢を実現してください。

あなたの夢を実現できる可能性は必ずあります。
しかし、常に必ず実現するわけでもありません。
それを決めるのは、あなた自身です。
あなたの、その手のひらの上にある「夢」を、指の間からこぼさないで。。。 
【こ】

関連記事
[2013/06/11 19:01] 「全校舎共通」 | コメント (0)

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/3801-e1c431bf



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ