単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





センター試験の平均点の読み方講座【倫理・政治経済】 

先週、大学入試センターから、平均点の中間発表が行われました。
その結果を見て、間違った印象をもたれるといけないな、と思ったので、
面倒くさいな、と感じると思うけど、がまんして読んでください。 多くの人は、センター試験の平均点が低いから難しい、高いから簡単、と考えます。
確かに、そう考えるのは単純で簡明ですが、事実がそうとは限りません。

公民の平均点例えば、右は、今年のセンター試験の「公民」の平均点です。
(1/24に公開された「中間発表」です。)

この結果を見て、「わ~、『倫理・政治経済』って点を取りやすいんだ!」って考えるのは妄想です。
「倫理・政治経済」という科目は、「倫理」と「政治経済」という2科目分を学習する必要があるので、絶対に、「倫理」単独や「政治経済」単独の科目より、点が取りにくい科目です。
じゃあ、なぜ、「倫理」や「政治経済」より、「倫理・政治経済」の方が平均点が高いのか?
それは、「倫理・政治経済」の受験者の努力のレベルが高いからです。

「倫理・政治経済」を受験科目として選択する受験生は、難関国立大学志望者です。
本当は、「倫理」や「政治経済」で受験したいけど、難関国立大学は、「倫理」や「政治経済」では受験させてはくれないのです。しかも、難関国立大学は、高得点を要求します。そこで、メチャ勉強した結果、「倫理・政治経済」の平均点が高いわけです。

同じ努力なら、「倫理」の方が、絶対に得点しやすいです。
(「政治経済」は、「倫理」の2倍は、勉強しないといけません。)
間違えないで。 【こ】
関連記事

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/4042-547563a6



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ