単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





高3生に「一言」言っておく! ② ~ 化学重要問題集(数研出版) ~ 

化学重要問題集
3周できそうもない問題集に手を出すな !
の続きです。

■ 化学重要問題集(数研出版)  
について、書いておきます。
※ といっても、実は、ほとんど「セミナー化学」の話です。
※ センター試験本番レベル模試で「化学70点以上」の方は、読まなくて良いです。お好きなように進めてください(もちろん、別途、相談には乗ります)。


まず最初に、「3回」の意味ですが、全部を丸々3回やる必要はありません。
最初の1回目でホイホイ解けた問題は、2回目からは飛ばします。
したがって、全部で3回やるのにかかる時間は、最初の1回目の2倍くらいです。
でも、効果は、3倍以上です。

■ 化学重要問題集(数研出版) 
大学入試の化学の分野には、「黄金ルート」があります。
「セミナー化学(第一学習社)」 → 「化学重要問題集(数研出版)」
だから・・・、いきなり重要問題集を始めている。。。お前だよ、おまえ。
セミナー化学まず、「セミナー化学」から、ちゃんとやれって。

例えば、センター試験本番レベル模試で50点ない人でも、
「セミナー化学」を3回やれば、「センター試験の化学」で80点は超えます。
(あっ、もちろん、過去問で演習はいるけど)
逆に、センター試験本番レベル模試で50点ない人が重要問題集だけをやっても、おそらく90%以上の確率で70点を超えることはないと思います。
どんな問題集であっても、それをやる最適レベルというのがあります。
重要問題集の場合、それは「センター試験70%超」レベルだと思います。

セミナー化学(内容)化学の重要問題集と言えば、確かに、超有名な問題集です。
特に、最近のものは、以前のものと比べて、解説が詳しくなって、わかりやすくなってます。
そういう意味で、「良書」であることは認めます。
しかし、定評ある「良書」が、「今のあなた」にとって「適書」とは限りません。
※ 「適書」という言葉は、【こ】の造語です。

「化学重要問題集」をやる前に、まず、「セミナー化学」をやろう !
※ 「リードα」でも、「アクセス」でもよい。

なお、「セミナー化学」のやり方を説明しておきます。
「セミナー化学」の内容は、右にようになっています。
そして、「基本問題まで」を3回やるべきです。
「基本問題まで」といっても、バカにできません。
全部で400題近くありますし、ここまでちゃんとできるようになれば、センター試験で80点は普通に取れるし、重要問題集のA問題も余裕で解けるようになります。
なお、「セミナー化学」に対しては、「同じような問題が多くてムダだ」という意見があります。
しかし、それは「重要だから繰り返されている」と捉えるべきです。
普通にやっていれば、重要な部分を繰り返せるのだから、むしろありがたいのです。

なお、「セミナー化学」の発展問題をやるべきかどうかは、残りの時間と、他の科目の進行具合によります。
確かに理系にとって、「化学」は重要な科目です。
しかし、センター試験全体から見れば、100点/900点です。
ほとんどの人にとっては、センター試験の化学で80点取れれば問題ないはずですし、それ以上にやる時間はないはずです。   【こ】

関連記事
[2014/06/09 12:15] 「全校舎共通」 | コメント (0)

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/4126-7d15761e



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ