単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





お薦めの参考書・問題集 公民版 ~ 倫理 ~ 

前回、公民の参考書として、「蔭山シリーズ」をお薦めしました。
この「蔭山シリーズ」だけで、最低でもセンター70点は保証します。
しかし、90点となると・・・。
じゃあ、90点以上を確実にしたいなら、どうするか ?

蔭山のセンター倫理 センター試験のツボ倫理 センター試験への道倫理(第4版)
①蔭山のセンター倫理 ②センター試験のツボ 倫理 ③センター試験への道 倫理

倫理の場合、この3冊をしっかりやってくれれば、90点を保証します。
じゃあ、やり方を説明します。

ベースとなる基本書は、「①蔭山のセンター倫理」です。
この本は、ホントにわかりやすいです。
「倫理」というのは、中身が「思想・哲学」です。これをわかりやすく説明できるというのはすごいことです。
もちろん、この本には書かれていない事柄があります。
しかし、だからこそ、わかりやすいのです。イメージしやすいのです。
センター試験90点の萌芽はこの本の中にあります。

例えば・・・、「カント」について学習する場合、

「①蔭山のセンター倫理」で、カントの部分を読みます。
暗記は、後でいいです。まず、しっかりと読み込んで、カントの思想のイメージを作ってください。

次に、「②センター試験への道」で、「カント」についての問題演習をやってください。
いきなり演習ですか ? と突っ込まれそうですね。
そうなんです。いきなり「演習」です。

前述しましたが、「倫理」の内容は、思想であり、哲学です。
したがって、方向性をしっかり持たずに勉強すると、深みにはまり、時間がすごくかかったりします。
しかし、みなさんが学習するのは、「哲学」という学問でも、「倫理」という科目でもありません。
「センター試験 倫理」です。
 ← これ、めちゃポイント☆彡
したがって、センター試験が要求してくるレベルまで勉強すればよいわけです。
そして、そのレベルは、恐ろしく低いです。
そして、そのことを教えてくれるのが、「センター試験の過去問」です。

「②センター試験への道」は、このセンター試験の過去問を、項目別に整理してくれているありがたい本です。
「①蔭山のセンター倫理」で、カントの部分を読んだら、「②センター試験への道」の「カント」部分の過去問演習をやってください。
すると、カントについて、「どう聞かれるのか」「何を覚えれば良いのか」「どこまで理解すればよいのか」がわかります。

ただ・・・、
「②センター試験への道」は、解説がイマイチ、わかりにくかったりします。
そこで、登場するのが「③センター試験のツボ」です。

この本は詳しいです。すごく詳しいです。何でも載ってます。
字がびっしりです。
わかりくいところは、この本を読んでください。
イメージしにくい人物・思想、この本を読み込んでください。
解決できます。

しかし、いきなりこの本で勉強するのは、OUTです。
簡単に挫折できます。
要するに、この「ツボ」は、「ツボ」と言いつつ、ツボじゃないんです。
「辞書」なんです。
辞書をいきなり読み始めるのは、変態です。

まとめると、
① 「陰山のセンター倫理」を読む。
② 並行して、「センター試験への道」を解く。
③ わからないところを、「ツボ」で調べる。
④ 「陰山のセンター倫理」に戻り、重要部分、間違った部分、ポイント等にチェックを入れて、暗記する。


最後に言っておきますが、
基本書は、「① 陰山のセンター倫理」です。
しっかりやるのは、この本です。

「② センターへの道」は、「① 陰山のセンター倫理」をマスターするための練習台・問題集です。
「③ センター試験のツボ」は、「① 陰山のセンター倫理」を正確に理解するための辞書・参考書です。

そういう意味で、「①蔭山のセンター倫理」だけでは70点しか保証しませんが、
センター試験90点の萌芽はこの本の中にあるのです。

【こ】
関連記事
[2014/06/19 04:10] 「全校舎共通」 | コメント (0)

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/4133-edb2fdeb



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ