単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





得点調整 

大学入試センターの中間発表で、新課程「生物」49・09点が、旧課程「物理Ⅰ」(69・43点)との間に20点以上の差があることが判明しました。
その結果、得点調整が行われる可能性が出てきたので、かいつまんで説明しておきます。
なお、得点調整するか否かの最終判断は、23日の予定。

※ 新課程「地学」も、旧課程「物理Ⅰ」と20点以上の差があります。しかし、得点調整は、受験者数が1万人以上の科目でないと実施されないというルールがあります。新課程「地学」は、受験者数が777人なので対象外になります。
そもそも、科目間で20点差がついても、必ずしも得点調整がされるわけではありません。
現在の得点調整制度は、科目得点の周辺分布を比較し、
①素点の平均が同一教科の得点の科目間で20点以上の差があること
②その差が「試験問題の難しさの違い」によると「判断」される場合であること
という2つの条件をクリアしなければ実施されません。

そのため、今回のケースだと、
新課程「生物」の平均点が低いのは、現役生が勉強していないせいだろ、
と判断されれば、得点調整がなされない可能性があります。

なお、得点調整が実施されても、新課程「生物」選択者に20点プラスされるわけではありません。
「得点調整は、平均点差が最大15点となるようされる」ことになっているからです。
したがって、上がる得点は5点程度です(まあ、それでもうれしいよね)。

なおなお、実施されると、新課程「生物」以外の理科の科目にも、得点が加算される場合があります。
ちょっとうれしいですよね。  【こ】
関連記事
[2015/01/22 12:51] 「全校舎共通」 | コメント (0)

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/4273-e8398888



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ