単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





センター試験 温度調整が可能な服装で 

センター試験当日、なんとなく「制服」な気分で、制服で行く人が多いと思う。
でも、服装自由です。
高校から、特に指定されている場合を除いて、
センター試験で最高の戦い方ができるように、私服をお薦めします(特に女子)。


当日、試験室内は、室温18℃に設定されています。
しかし、試験開始前・開始直後は、みんなが出入りするので、当然に寒いです(8℃~10℃くらいかな)。
逆に、小さな部屋の場合、みんなの熱気で、試験中は18℃を越えます。
(大教室は、基本的に寒い)
こんな感じで、10℃くらいは普通に上下するので、温度調節が可能な服装が必要になります。
というわけで、私服をお薦めします。

とはいえ、「制服の方が、戦闘モードに入れる」という人もいると思う。
そういう人は、制服でもちろんいいけど、

でも、「いつも制服の中に着込んでいる派の女子」に言っておきたい。
センター初日の一日は長いです。
当然、緊張するので、緊張状態が半日続きます。
だから、中にしっかり着込んでしまうと、肩が凝りますよ。
着込んでしまうと、温度調節がしにくいし。

高校とは違い、服装は自由なんです。
制服の上から、カーデガンを羽織っても、セーターを着てもいいわけです。
「着込む」よりも、「上乗せ」で対応しましょう。

ZMSのみんなの奮闘を期待します。がんばっo(^o^)o 【こ】
関連記事
[2016/01/14 18:32] 「全校舎共通」 | コメント (0)

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/4377-264978cd



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ