単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





2017 センター英語(筆記)に向けて ② 

センター試験の英語(筆記)は、制限時間80分で200点満点の試験です。
つまり、「80分=4800秒」で200点の問題を解くわけですから…、
4800秒÷200点=24秒/点
というわけで、1点あたりにかけられる時間は、24秒という計算になります。
ただ、「マークする時間」なども必要なので、ざっくりと、
1点=20秒 と考えてください。20秒を失うことは、1点を失うことと同義なのです。

センター試験の「英語(筆記)」の最初は、2点問題の連続です。上記の計算で言えば、2点問題には40秒しか使えないわけです。しかし、2点問題に1分以上も使う人はザラにいます。中には、2分以上使う人もいます。
もし、2分も使うと…、1分20秒オーバーなので、4点分も無駄にしているわけです。これでは、意味がないですよね。というか、解かない方がマシ。
2点問題は、ちゃっちゃと解いて、後半の5点問題、6点問題に時間を取っておこう。
                                                  【こ】

関連記事

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/4400-653f0ef0



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ