単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





超オススメの参考書 【理科基礎編】 

今週のぐるメンで、定期テストと受験勉強を両立させる参考書の話をします。
というわけで、とりあえず「理科基礎」の具体的な書籍をあげておきます。

生物基礎 物理基礎 地学基礎 化学基礎

記事を追加しました。
詳しいことは、【続きを読む】からどうゾ(というか、絶対に読んだほうが良い♪) 【こ】

生物基礎【生物基礎】
まずは、出版社の編集担当さんのコメントを読んでください。
【編集担当より】本書の新刊企画書を提出したのが、2011年10月。発行が2014年1月。およそ2年と3ヵ月。1冊の参考書を作る期間としては異常に長いと言えますが、この間,ほとんどいっさい「放置」はしていません。そう、ずっと制作していたのです。受験生物界の第一人者である田部先生が、「新課程」に臨む受験生のために,極限まで考え抜き,あらゆる想いと工夫を凝らして本を作ると,2年以上かかるということです。編集担当者としては本当に大変なのですが(苦笑)、そうやって完成した本というのが,一体どれほどのものになったのか。ぜひ一度,ご覧いただければ幸いです。

と、出版社の編集担当さんがコメントするくらい、素晴らしい出来です。図がデカくてわかりやすく、しかも、初心者にでもイメージできる言葉で書かれていて、なおかつ詳しい。これを買わないなんてありえません。超×100倍くらいオススメです。文理を問わず、受験の最後まで使い切ってください(理系も、二次では生物基礎も範囲なので)。

物理基礎【物理基礎】
「物理はイメージだ ! 」というフレーズで有名な橋元先生の著作だけあって、非常に直感的な説明で物理の「イメージ」をつかめる一冊になっています。というわけで、「物理に困っている」生徒さんは、ぜひ、手に取ってみてください。「イメージ」なので、「欠点回避」の強力な味方になってくれるかも、です。もちろん、受験で「物理」を使う理系の方にも、「最初の一冊」に、ぜひオススメします。というのは…、
 他の理系科目と異なり、「物理基礎」と「物理」の関係は「基礎」と「応用」の関係になっています。したがって、各分野の「基礎」を受け持つ「物理基礎」は、理系受験者にとってもとても重要なのです。
 ※ 例えば化学の場合、「化学基礎」と「化学」の関係は、「前半(といっても全体の1/4くらい)」と「後半(といっても、ほとんどだけど)」の関係になっています。

地学基礎【地学基礎】
もう、ずっと待っていましたよ、「地学基礎をはじめからていねいに」が出版されるのを。やっと、先月(2016.04)に発売されました。
というわけで、これから勉強を始める高1生も、受験生も、この本にめぐりあえてホントに良かったo(^o^)o
えっ、どのくらい良かったか ? じゃあ、本書(に書かれている)特長を見てみましょう。
◆本書の特長
「地球で一番」のわかりやすさ ← 表紙にも書かれています(笑)。宇宙一ではないらしい。。。
本書は,地球で一番のわかりやすさを目指して制作されました。「センター試験に出る」ところを中心に,高1生が読んでもゼロから理解できるよう,地学基礎の全分野を「はじめからていねいに」講義。地学のロマンと面白さを,ぜひ本書で感じてください。
② 巨大で綺麗な最高峰の図版
本書の図版は,ただ必要な情報を掲載しただけの通常の図版とは異なり,見やすさ・美しさ・わかりやすさに徹底的にこだわって細部まで「デザイン」された図版です。教科書にはない,理解しづらいところも,オリジナルの図版でビジュアルに表現しています。
③ センター試験で満点をねらえる
センター試験(過去10年分)を徹底分析し,ほぼすべての問題で正解を導き出せるよう,本書の内容を充実させました。センター試験で問われる重要ポイントを本書で確実にマスターすることで,試験本番で常に高得点を獲得できる得点力が身につきます。
というわけで、すぐに買いに行きましょう。

化学基礎【化学基礎】
じゃあ、最後に「化学基礎」を。えっ、「化学基礎」だけ、色が違うって ? そうかな~(笑)。
まあ、その辺はさておき、この「岡野の化学基礎が初歩からしっかり身につく」は、実はまだ、発売されていません(2016/5/24発売予定)。だから、【こ】も中身を見ていません。でも、ほぼ間違いなく「買い」です。
なぜなら、岡野先生が書いているから(笑)。信じて大丈夫です。

化学基礎① 化学基礎② 化学基礎③
これらの本(↑)が、どれも恐ろしくわかりやすいので(すべての化学の受験者にオススメします)。

最後になりましたが…、実は、すべて「東進」の先生なんです。
でも、仕組んだわけではないです。良い本を集めたら、全部、東進の講師だったのです。偶然なんです。
※ ちなみに、紹介しなかった「化学基礎」の緑色の本も、東進の講師の執筆です。
というわけで、東進の授業とも連動しているので、東進生にはうれしいかぎりです。

【こ】
関連記事
[2016/05/10 14:36] 「全校舎共通」 | コメント (0)

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/4409-fd6fb9f1



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ