単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





やる気の出し方① 

多くの生徒が、「やる気全開の毎日」を期待しているはずです。しかし、現実は「体が今日はだるいなぁ」とか「気持ちが晴れないなぁ~」とかいうことが多いもの。そんな時にやる気の出し方の一つとしてこんなものもあるんです。試してみては。【あか】



やる気の出し方の1つとして

「感情のないニュートラルな心で、丁寧に作業する」ということです。

なんのこっちゃって感じですね。


頑張りたい。やる気を出したい。そう願うなら、「頑張らねばと意気込む」より、むしろ
「ニュートラルに、ていねいに学習を始めるようにしてみましょう。」
ってことです。
「ニュートラル」=「快でも不快でもない(感情のない)精神状態」の事。

やる気
じゃあどうやってニュートラルな状態になるのかというと
「体の感覚を意識する」ことです。

例えば、雨の日は鼻先で「空気の潤い」を感じる。夏の日は暑さや室内の冷気を肌で感じる。または、学習に取りかかる前に目をつむり、そこに「手のひら(または指先)の感覚」があることを意識する。そうすると、「感覚」がカギとなって、気分(感情)がリセットされ、学習に集中できる状態になります。
こんな感じで体の感覚を意識して、ニュートラルな状態を作ってみてください。そしてほんの少し「ていねいに(緻密に・正確に)」を心がけて、学習を始めます。

意外かもしれませんが
「さぁ頑張るぞ!」「やらなければ!」ではないのです。
手のひら・指先など体の感覚を意識して、
「ニュートラルな心で、ちょっとていねいに」始めるのが、コツなのです。【あか】


関連記事
[2016/08/17 20:29] 「全校舎共通」 | コメント (0)

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/4444-683b2a3b



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ