単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





センター試験 世界史のポイント ! 

レジュメで、「科目ごとにポイントを指摘するよ」と偉そうに書いたものの、
いざ、書くとなると、何を書こうか、と悩んでいるんだよなぁ。
とりあえず、世界史から。でも、ホントに何を書こうか。。。

ただ、確実に言えることがある。それは…、
お前ら、みんな、近・現代史(特に現代史)と文化史が弱い !
というわけで、世界史の現代史のコツを書いてみる。 世界史の「近・現代史」って、 のつく年が重要なんだよね。
1919年 ヴェルサイユ条約・ワイマール憲法・三・一運動・五・四運動
1929年 世界恐慌
1939年 第二次世界大戦
1949年 北大西洋条約機構(NATO)
1959年 キューバ革命
1969年 中ソ国境紛争
1979年 イラン革命・アフガニスタン侵攻
1989年 東欧革命・ベルリンの壁崩壊・冷戦の終結

この10年ごとの一覧表を覚えるだけでも、頭の整理になると思う。
そして、この10年ごとの区切りの中で、民族独立運動
① 第1次世界大戦後の民族独立運動
② 第2次世界大戦後の民族独立運動
に分けて整理して欲しい。

なお、1919年の2年前の1917年は、ロシア革命の年。
というわけで、来年、2017年は、ロシア革命100周年に当たります。
(なんか、匂う)

ちなみに、「センターの世界史ってどこまでが範囲 ? 」と、たまに聞かれます。
正確に答えると、「全部(全範囲)」です。
ただ、個人的には、「冷戦の終結」までが歴史だと思うので、そこまでをしっかりとやるのが効率的だと思う。
(それ以後の出題も、実際あるんだけど、全部やっているとキリがない)

【こ】

関連記事
[2016/11/22 23:06] 「Study」 | コメント (0)

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/4474-96a4ab92



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ