単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





センター試験 英語(筆記) 第3問 B の解き方 

センター試験本番レベル模試の返却面談をしていると、いまだに、「第3問 B(いらない文はどれ ? )」に悩まされている生徒さんが多いので、解決法を書いておきます。

ざっくり書くと…、
文章を連続して読む(普通に読む)のではなくて、パラグラフ冒頭の第1文(テーマ)と各文を1対1で対応させて読む(のが良いです。
「なぜ、そうするべきか」は、英文のパラグラフ構造を考えると理解しやすいです。
詳しいことは、「センター 英語(筆記) 第3問B 「いらない文はどれ?」 攻略法」にわかりやすく書いてあります。
※ 具体的な問題の解き方は、「解説授業」を聞いてくれればOKです。

なお、補足事項については【続きを読む】にて
◆ 補足① 
この方法で正解にたどり着けないことがあるかもしれません。
それでも、この方法で解くべきです。なぜなら、1分ちょっとで解かないと意味がないから。
→ そもそも、英語(筆記)は、時間80分(=4800秒)で200点満点なので、1点あたりにかけられる時間は、4800 / 200 = 24秒です。
→ ただ、1点あたり24秒使うと、マークする時間さえなくなるし、後半の長文のことも考えると、1点当たり20秒と考えるのが妥当です。
→ そうすると、第3問Bは、1問4点の問題なので、1問に使える時間は、20秒×4=80秒となります。つまり、80秒で解かないといけません。
→ もし、あなたが3分で正解したとします。3分=180秒なので、あなたは100秒オーバーしていることになります。これって、1点=20秒ですから、マイナス5点です。4点満点なので、正解しても4-5=-1 って、解かない方がマシですよね。

◆ 補足②
この問題、実は、「いらない文」を探すのではありません。「試験問題」にはこう書かれています。
「次の…パラグラフには、まとまりをよくするために取り除いた方が良い文が一つある。」
つまり、問われているのは「いるか、いらないか」ではなくて、「まとまりが良くなるかどうか」です。

【こ】
関連記事

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/4487-b0ddc627



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ