単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





diversity(ダイバーシティー) 

知っておくべき言葉(概念)として、次は…、
diversity(ダイバーシティー)
この言葉、ここ1年くらいで、急速に広がっている気がする。
ちょっと前までは、「ダイバーシティー」と言えば、「お台場シティー」な感じだったけど、
最近では、「女性活用」の文脈で使われていることが多いと思う。
でも、この使い方は、少し違う気がする。
というわけで、今回は、「diversity」に焦点を当てたいと思う。
まず、言っておきたいことがある。
それは、発音。
フツー、「diversity」は、 ディバーシティ [dəvə́ːrsəti](「バ」にアクセント)だろ ?
(確かに辞書で調べると、イギリス英語では、「ダイ」と発音することがあるらしいけど)

まあ、それはともかくとして…
そもそも、どういう意味かと言えば、
diversity多様性

つまり、ダイバーシティという言葉が、「女性活用」の文脈で語られることが多いのは、
「女性を活用する」=「人材の多様性が拡がる」
という図式なのだ。

今までも、そして今でも、日本は同質を重んじる文化を持っている。
もちろん、悪い面ばかりではないが、「競争力」という点では、マイナス要因でしかない。

世の中には、いろいろな人がいる。
いろいろな考え方、価値観がある。
人種も、性別も、文化も、歴史も様々だ。
であれば、多様性のない社会は衰退するしかないだろうし、多様性に欠けた企業は滅びるしかない。

というわけで、「diversity=多様性」は、とりわけ重要な言葉なのだ。 【こ】

関連記事

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/4512-9f8f0bcc



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ