単語の発音も聞ける! 熟語の検索なら…





目的は、期限を守ること ?  それとも中身 ?  

blog.jpg【こ】が、なぜ、このブログを書いているのか、というと、高校生のみなさんに、知っておいて欲しいことがあるからです。
ただ、基本的には、高校生・大学生の頃の【こ】を思い返しながら、書いています。
あのとき、このことを知っていたなら…、と思うことを書いています。
(その方が、書きやすいんですよ。)


もちろん、自分自身で体験し、後悔しながら学ぶことも大切かもしれませんが、
時間は有限なんですよ。
知らなくていいことなんて、ほとんどないです。
(逆に、知っていても、なかなか実践できないのが人間なんです。)

というわけで(というわけでもないが)、
今回は、番外編で「覚えておくといいよ」的なことを書きます。
大学生・社会人になったとき、役に立つかも。

**************************************************************

大学生になってレポートや論文を書いたり、
社会人になって企画書を書いたり、プレゼンをしたり。。。

そんなとき、期限に余裕をもって仕上げる人(A)を見て「すごいな」と思ったりします(最初はね)。
期限から逆算して、毎日、コツコツと仕上げていく。周囲の人も見ていて安心です。

ただね。。。
こういう人の、論文とか、プレゼンで、「すごいな」って感じることはまずないです。
(はっきり言って、フツーのありきたりのものが出てくるだけで、つまんないです。)

逆に、期限ギリギリまで(ときには期限を超えて)、やっと仕事を完成させる人(B)の論文とか、プレゼンの中には、「感動」があったりします(なかったりもします・笑)。

実は、(B)タイプの中には、2パターンの人が混在します。
期限ギリギリまで、単に仕事をしない人(B-1)
期限ギリギリまで構想を練り続けたり、細部の仕上げにこだわったりする人(B-2)
の2パターンです。

じゃあ、この2パターンの(B)タイプをどうやって見分けるのか。
社会人になると、簡単です。周りの人の反応が違うからです。

ぶっちゃけ、(B-2)の人は、仕事が遅くても許されてます。
【こ】も、初心者の頃は、「なんで、あの人だけ、特別扱いなんだよー!」
なんて思っていました。
でも、出来上がったものの次元が違いすぎて、ぶっ飛びました。
それ以来、とにかく時間がある限り、良いモノを作ろうと努力はしています。
時間ギリギリまで。

というわけで、一言。
仕事が遅くて、みんなに迷惑をかけるときがあると思うけど、サボっているわけではないので許してね(なんだ、言い訳かよ~)。 【こ】

関連記事

【ブログTOPに戻る】

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toshinzms.blog50.fc2.com/tb.php/4536-a5a2e7a3



東進現役合格実績!!

学習のアドバイス

過去問データベース

センレベ 全国統一




ブログ管理者ページ